女の子を産む方法

job_joi_yakuzaishi
LINEで送る
Pocket

妊活中の34歳の女性が「産み分けは可能?女の子を産む方法は?」についてお医者さんに相談してみた質問と回答を紹介します。

相談者(34歳/女性)

産み分けについての質問です。

小学生1年生と3年生の男の子がいます。
どうしても女の子が欲しくて、諦めきれず、3人目を妊活中です。

毎月の生理は順調で、排卵もきちんとしています。
(でも、妊活を始めて半年経ちますが、妊娠しません。)

迷信ではよく色々なことを聞きますが、
産み分けというのはある程度コントロールできるものなのでしょうか?

或いは、今後そういったことが医療技術的に可能になってくるのかどうか。

良い方法があれば是非教えて頂きたいと思います。

ネットや書籍で調べると、様々な情報があり、どれを信じて良いかわかりません。
出来る限り病院に行かずに、自然妊娠・産み分けをしたいと考えております。

宜しくお願い致します。

医師からの回答

おはようございます。

男児お二人がいらっしゃったら、女児が欲しいお気持ちお察しします。

男児・女児の産み分け方法は、確かに様々なことが言われております。

女の子の産み分けチャレンジ日は、X精子(女)とY精子(男)の寿命から、逆算して排卵日の2日前になりますが、排卵日を予測するのがとても重要なポイントとなります。

また2日前を選ぶその他のメリットは、実際の排卵日が1日前になった場合でも、女の子の可能性が高いのと、逆に1日後になった場合は、1ヵ月後に再チャレンジできる可能性が高い為です。

しかしデメリットもあります。

それは排卵日2日前は排卵日当日よりも予測が難しいのと、排卵日まで2日の時差が生じるので、妊娠の可能性が低くなる事です。

簡単に言いますと、排卵日当日に性交渉を行うと、男児が産まれる、と言われております。

これは、一般的に言われていることです。

しかし、排卵日当日にうまく行えるか…などなど、タイミング合わないこともあります。

相談者(34歳/女性)

ありがとうございました。

市販されている産み分け用のゼリーは効果はあるのでしょうか?

たしか膣内のPHをコントロールすることで産み分けの確率を高めるような原理だったような気がします。

もし多少なりとも効果があるようなら使ってみようと思っているのですが。

それとも膣内のPHと産み分けは全く関係ないのでしょうか。

医師からの回答

膣内のゼリーも効果があるやないなど、様々な意見があります。

なので、正確な返事はできかねますが、試される価値もあるかと思います

基本的には、排卵日に従った方法が効果的と思いますよ。

補足

上の質問で取り上げていた膣内のゼリーとはハローベビーゼリーです。



男の子、女の子が欲しい方向けにボーイとガールの2種類あります。よかったらどうぞ。

 

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。