妊娠糖尿病 体験談

pakuM
LINEで送る
Pocket

妊娠中って楽しいはずですよね?
私は結構、大変なマタニティーライフを送りました。

なんと私、妊娠糖尿病を発症してしまったのです。

妊娠糖尿病、初めて聞いたって方も多いですよね。
実際私がそうでした。

えぇぇぇぇ! 何それ? 糖尿病? って…。

妊娠中はホルモンの影響で、血糖値を下げる物質が出にくくなるそうです。

私は糖尿病家系に育ち、体質的にもともと血糖値を下げる物質が少ないらしくて、妊娠中にさらにその物質が少なくなり、発症したようでした。

つらかったです…。

毎食前に指先に針を刺し、血糖値のチェックもしました。
インシュリン注射は怖すぎて、絶対に避けたかったので、とにかく食事療法。

血糖値が上がると赤ちゃんに悪い影響が出てしまうので、とにかく血糖値を下げるために、食後、大きなお腹を抱えて運動しまくりました。

さらに妊娠が進むにつれて血糖値が下がりにくくなるため、血糖値が上がりやすい炭水化物をかなり減らし、臨月の頃には1口2口程しかご飯を食べませんでした。

本当に、毎日お腹が空いていましたよ…。

出産後は、妊娠糖尿病は治りました。

妊娠中に食事療法をしっかりと勉強し、コントロールしていたので、出産後は1週間程で、元の体重に戻り、その点は良かったかなぁ。

でも、もっと楽しいマタニティーライフを送りたかったなぁ(涙)。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。