不妊治療体験記

ninshinkensayaku
LINEで送る
Pocket

ninshinkensayaku

結婚してすぐに子供が欲しいと思っていたけれど
1年半ぐらい経っても全然気配がない。

「もしかしたら不妊かも?」と専門の病院を調べまくった。

初めて不妊専門病院に行った時の感想はずばり
「なんて人が多いのだろう・・・」

予想以上に待合室に人がいて、同じ悩みを抱えた夫婦って
こんなにもいるんだと正直びっくり。

待っている人が多いということは、待ち時間が長いということ。
当時スマホなんて便利アイテムがなかったから
待ち時間が途方もなく長く感じた。

今でも覚えている、初診の日は2時間待ちだった・・・

先生のところへ辿り着く頃にはもうヘロヘロ。
ただ座ってるだけなのにね(笑)

基礎体温を3か月ぐらい測ってそれをグラフにして
先生に見せて、内診してその日は終了。

とりあえずタイミング法を半年試すが全く妊娠せず。

その後人工授精、体外受精とやってみるがこれまたかすりもせず。

夫婦そろって高齢でもないし特に原因らしき要因も見つからず、
ゴールが見えない暗闇に放り込まれた気分で辛かったな。

そして2回目の体外受精の準備をしていた時
なかなか生理が来ないから先生に相談したら

「妊娠検査してみようか」と病院で検尿。

みるみるうちに陽性ラインが!
夢にまで見たこの光景があっさりと現実に。

嬉しいけれどただただ茫然。

妊娠しないだろうと基礎体温も測ってなかった時期だから
まさに想定外の出来事。

案外気が抜けている時に妊娠ってするもんなんだね。

たまに治療に疲れてお休みしている間に妊娠できた!
なんて聞いてはいたけど、それが自分の身に降りかかるとは。

私の場合、妊娠できない不安や辛い気持ちがストレスになってたのかもしれないね。

その証拠に二人目は

「また病院にお世話になるかもしれないけど
とりあえず1年ぐらいは自然に頑張るか」

と気楽な考えで過ごしていたら1周期目で授かったし!

妊娠するのも何かのご縁かもって感じる私の不妊治療体験記でした♪

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。