つわり地獄

hurueM
LINEで送る
Pocket

妊娠に気が付いたのは、妊娠1か月目でした。

それまでは、10か月ほど、妊活しましたがなかなか授からず、産婦人科に相談し、子宮膜を厚くするお薬を頂いて飲み始めたすぐの妊娠でした。

電車通勤ですが、電車で貧血状態になり、途中下車が2~3日続きました。もしやと思い、簡易妊娠検査をすると、陽性反応がでました。

病院では1か月では妊娠確認も難しいので、産婦人科には8週を超えるまで待つつもりでした。

しかし、どんどん体調はおかしくなっていき、結局8週待たずに産婦人科で妊娠確認しました。

その後、切迫流産となり不正出血が2週間ほど続いたため絶対安静になりました。復帰はしたものの、今度はつわり地獄の始まりでした。

中華丼のような、会社の同僚が食べるお弁当のにおいがだめで、会社のトイレで何度か吐きました。

それを乗り越えた5か月頃にやっと完全復活しました。そして、赤ちゃんの胎動を感じるようになりました。

つわりは嬉しいような辛いような不思議な体験だったと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。