妊活 不妊検査

妊活日記
LINEで送る
Pocket

奥さんと一緒に不妊検査に行ってきました

ゆうたろーです。先日、奥さんと一緒にレディースクリニックに行ってきました。目的は不妊検査です。妊娠できる身体かどうか先生に見てもらうためです。

健康な身体なら問題ないのですが、仮に何か機能的に問題があるのに検査しないまま自己流でタイミング法などで妊活しても時間がムダになってしまいます。妊活を始めるならまず最初にやるべきことだと思ってました。

私たち夫婦が検査に行くレディースクリニックは「赤ちゃん欲しい」系の雑誌によく取り上げられている、不妊治療ではけっこう有名なところです。家から電車で20分ぐらいで行けるのでここに決めました。

奥さんが予約したのは午前10時です。最初に受付してから待つこと1時間半(長っ!)、ようやく先生の問診です。

ここで聞かれたのは今までどういう病気をしてきたとか、基本的なことです。簡単に終わり、そこから待つこと2時間以上(長すぎる!)、ようやく内診と血液検査です。

このクリニックは人気があるのに先生が1人でやってるのでとにかく待たされます。奥さんが受付してしばらくしてから確認したら「46人待ち」だったとか。

奥さんは内診の結果、特に問題ないとのことで一安心。血液検査の結果は後日になります。次は支払いですが、呼び出されるまでまた待たされます。

最終的にクリニックを出たのは14時20分でした。なんと今日の検査は4時間半もかかりました(^_^;)
お昼ごはんを食べてないのでお腹がペコペコです。

ランチを食べながら奥さんに聞いたところ、ポケットベルなどはないけど、電話すればあと何人なのか教えてもらえるので、慣れている人は受付を済ませた後にクリニックの外に出る人もいるようです。

不妊検査の種類とは?

不妊治療に関する専門的な書籍を見るとより詳しく載っているのですが、ざっくり言うと女性は4種類の検査、男性は精液検査のみです。女性の検査ですが、

採血(ちょっと痛い)

生理中と高温期の時にそれぞれ採血します。これによりホルモン値が判明します。今回、奥さんは高温期だったので、次回は生理中の採血になります。しかしちょうど年始年末にさしかかるため、1回飛ばして次ということになります。ちなみに金額は3,000円くらいです。

子宮鏡検査(子宮鏡検査)(★★少しだけ痛い)

子宮の入り口から細いカメラを入れて子宮の中にポリープがないか調べる検査です。奥さんは次回、これを行います。金額は4,000円くらいで保険適用です。超音波検査代も含めると5,000円くらい。

ヒューナー検査(☆痛くない)

排卵日のタイミングで性交後、すぐにクリニックに行き、膣と子宮腔の粘液を取り、顕微鏡下で運動している精子を調べる検査です。金額は2,500円くらい。朝、エッチしてすぐに家を出るか、近くのラブホを探すか検討中です。

子宮卵管造影検査(HSG)(★★★けっこう痛い)

子宮の入り口から造影剤を入れて、レントゲン写真を撮ることにより、卵管の通過性、卵管采あたりの癒着、子宮の形、大きさなどを調べます。これにより軽い癒着が改善されることも。痛いと評判の検査ですが、このクリニックでは器具、造影剤の注入時間に気を使ってくれているので、それほど痛くないかもしれません。金額は7,000円くらいです。

精液検査(の容器)がキターーーーっ!

DSC00737

帰宅してから奥さんに渡されたのが精液検査用の容器。噂には聞いてましたが実際に見ると「これかっ!!」と感動しました。ついに自分も精液検査をやることに。

実は今回、自分が精液検査するかどうかは明確に決めていませんでした。やるならいつでもやる用意はあったけど、過去に一度妊娠(その後、流産)したことがあるので大丈夫だろうと思っていたところがあります。

でも容器を渡されて覚悟が決まりました。気分的には「よし、やってやるぞ!」という感じです。

発射して2時間以内に人肌に温めた状態で持っていく必要があります。雑菌が繁殖するといけないので容器は「γ線滅菌済み」と書いてある真空パックに入っています。

コンドームに入れた状態だと雑菌がわく可能性があるからダメだそうです。金額は500円くらい。注意書きとして「精液状態により料金が異なる場合もあります」とあります。

今回の検査は正確には「精液検査・運動精子機能検査」と言います。精子の量、数、運動率、奇形率などを調べる検査です。

当日中に検査結果を知ることもできますが、その場合は少し待たされることになりそうです。

そして説明用紙の最後にはこんな言葉も。

精液検査の結果は、検査するたびに、たとえ同一人物であってもその時の身体の調子によって大きく変わることがあります。したがって、一回のみでなく、3程度は反復検査をして正しい評価を下す必要があります。

もし結果が悪く、精子の数が足りないとか全然動いていないとか分かると男としてショックを受けかねません。こうやって書いてあると、精神的なショックを受けても「今回は調子悪かっただけだ」と自分に言い訳できて気が楽になりますね。

奥さんが次回、不妊検査に行くタイミングに合わせて、奥さんが家を出た後に自宅でゆっくりと精液を出してクリニックに行こうと思ってます。さて、結果はいかに!?

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。