生理が早く来る方法

妊活日記
LINEで送る
Pocket

生理が早く来る方法は?

奥さんはいつも仕事のシフトで休みのときに合わせてクリニックに予約を入れています。

今回の採血にあたり、先生からは「生理が始まってから来てください」と言われています。

しかし、クリニックに行く前日になっても生理が来ない。生理が来る兆しはあるようなのですが、なかなか来ない。

奥さんによると明後日は仕事なのでできれば明日の休日のうちに生理が来て欲しいとのこと。

このままではマズい。どうしよう・・・

焦った奥さんが「生理が早く来る方法がないかな?」と言ってきた。

そこで調べてみると、生理を早めたい人、遅らせたい人がけっこう似たような質問をしていることが分かりました。

いくつか見てみたのですが、その答えはというと、しっかり冷え性対策して女性ホルモンのバランスを整える食生活や生活習慣を心がけるとか、時間がかかりそうな方法ばかりでした。

そういうのじゃなくて、明日すぐ生理が来るような即効性のある方法がいいんだけど・・・

そう思ってさらに調べると、「教えて!GOO」にこんな回答が。

13歳の娘ですが、ポポンSを飲ませると早まったようですよ。(母親談)

ググったら、「注意書のところに 生理が早く来たり 経血量がやや多くなることがあります。」とあるようです。実際娘が多かったかどうかは、私は父親なので、聞けませんが(苦笑)

ほー、ポポンSか。いわゆる総合ビタミン剤ですね。

またこんな回答も。

裏技でも無いし、根拠もわかりませんが、イカを食べると早く来るそうです。

友達から聞いて、母に確認したところ
そうだよ、イカを食べると血が騒ぐんだよ」・・・だそうです。
生に限らず、燻製系でも同じようです。

ほー、イカか(笑)

なんだそりゃ!?たまたまじゃないの?血が騒ぐって・・・。

そしてツボ押し。これは効果ありそうですね。

私の場合、鍼灸の先生に「ここに鍼を打つと早く生理が来るんだよ」と打たれたツボが
「血海(けっかい)」と「三陰交(さんいんこう)」です。

血海:両膝のお皿の内角から指三本分上にあがったところ
三陰交:両足の内くるぶしから指4本分骨に沿ってあがったところ
いずれも押すとツーンと響きが走ります。

三陰交は分かりやすいのですが、血海は文章だけでは場所がちょっと分かりにくいです。さっそく説明を見ながら奥さんにツボ押しを。

そして極めつけはこちら↓

念じる」とかいかがでしょう。
ベタすぎますが、やってみる価値はあるかと。

なんと「念じる」とは!

相当、斜め上からの回答で驚きました。でも子宮に意識を集中することで、身体に何らかの影響を与えるのかもしれません。方法としてはアリでしょう。

奥さんは夜に習い事に出かけるので、夕方、ツボ押しをしてあげて、よっちゃんイカをカバンに入れて、「早く来い!」と念じながら家を出ました(^_^;)

そして夜、帰宅した奥さんが「なんかね・・・生理が来たみたい♪」と報告があり、ビックリ!!

何が効いた!?イカか?ツボ押しか?やっぱり念じるのが効いたんだろうか?

たまたまかもしれないけど、とても驚きました。

ちなみに上記のやり方は「病院に行くヒマがない」、かつ「即日効く方法」を探した結果たどり着いた方法です。

もし、生理日まである程度日にちに余裕があり、病院へ行く時間があるなら、婦人科へ行くのがいいです。

黄体ホルモンと卵胞ホルモンを配合させたホルモン剤を飲むと生理が早めることが可能だそうです。またピルで調整してずらすことも可能なようですね。

3回目の採血へ

さてクリニックへ採血に行った時の様子ですが、採血自体はすぐ終わり、すぐ帰りたかったけど、看護師さんから「すぐ先生から結果聞けるからちょっと待っていてください」と言われて、仕方なく待つことに。

先生からは

「血液検査の結果は先月はよくない値が一個だけあったけど、今回は全部よかったから、卵子の状態がいい時とわるい時があるみたいだね。

じゃあ、卵管造影検査は30日ね。」

で終わりでした。

ということで次回はいよいよ卵管造影検査です。不妊検査の中で一番痛いと言われていますが、どうなんでしょうか。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。