不妊検査 子宮鏡検査

妊活日記
LINEで送る
Pocket

そんなに痛くない!?子宮鏡検査

今回は不妊検査の2回目で奥さんが子宮鏡検査(ヒステロファイバース)を受けに行きました。子宮鏡検査とは子宮の入り口から細いカメラを入れて子宮の中にポリープがないか調べる検査です。

そして自分は精液検査の容器を提出に向かいます。容器は前回もらって帰りました。奥さんが先に家を出て、自分は家で精液を出してから遅れてクリニックへ向かいます。

奥さんは予約してある10時に間に合うようにクリニックへ。前回はすごい待たされましたが今回はどうか?

受付後、今回は30分くらいで内診室に呼ばれました。空いているせいか少し早かったですね。部屋に入り、診察台に乗って足を開いて、最初は内診、超音波検査で卵の様子を先生が診察。

その後に内視鏡を入れて、先生が「ちょっとチクっとしますよ」と言ったけど、奥さん曰く、「そんなに痛くなかった。『なんか触ってるな』くらいで全然痛くなかった」とか

内視鏡は1~2分。先生から「はい、終わりましたよ。タンポン入れておきますから3時間後に抜いてください」と言われる。

終わってから4~5分した頃に精液検査のため遅れてきた自分と待合室で合流。その後、夫婦揃って一緒に精液検査の受付をして、少し待つことに。

精液検査の容器を提出

しばらくしてから一緒に処置室へ行って、看護師さんに容器を渡しました。最初は受付で出そうとしたんですが、さすがにそれはなかったようです。

今日中に結果を聞きたい場合は少し時間がかかるがどうするか聞かれます。特に急がないので次回に結果を聞くと返答しました。

ちなみに精液は温度に弱いので人肌くらいに保温した状態で持ってくるのがよいそうです。自分は腹巻きの中に入れて持って行きました。

外はすごい寒かったので冷えないように身体にギュッと押し付けて温まるようにしながら慎重に持って行きました。なんだか自分の生きている(?)分身のようで妙な気持ちになりました(^_^;)

子宮鏡検査の結果は?

奥さんはその後、しばらくしてから再び診察室へ行き、先生から前回の検査の結果と、今日の結果を聞いてきました。

先生曰く、「血液検査の結果は、黄体ホルモンの値が低いけど、貧血はないです。今日の内視鏡検査の結果、子宮には異常はありませんでした。

検査をして、まず原因を探ってから治療をしていきましょう。一応、今日は卵子が○ミリで、そのサイズだから、おそらく(カレンダーを指しながら)来週のこの辺で排卵が起こるだろうから、○日から○日の間に交渉(エッチのこと)してください。

(注:本当にその日に排卵が来ました。さすがです、先生!)

排卵の後の血液の状態を見たいから○日か○日に血液検査だけ来てください。」

最後に支払いが終わってクリニックを出たのは結局、12時13分でした。約2時間ちょっと。

けっこう時間かかったと思ったけど、奥さん曰く、「婦人科はだいたいこんなもんだよ」と。

看護師さんはすごく明るい印象で、電話したときも丁寧に答えてくれて非常に助かりました。

この時に奥さんの心境を聞くと、「運を天に任せようと思った。いい方に転がればいいなと。ジタバタしてもしょうがない」。

ちなみに自分は精液検査の結果が気になって仕方ありません。結果がもし悪かったら男としてのプライドがガタ落ちになりそうで・・・。正直、祈るような気持ちです(*^_^*)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。